October 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

香川県高松市 上映会レポート

高松市長自ら絵本の読み聞かせを

上映会当日、ロビーで紙芝居を上映してくださった
よろず語り部 夢追人 さんに、
実行委員会の湯浅文代さんからの推薦で
レポートを書いていただきました!




 
2013年の夏、大阪在住の読み聞かせボランティアさんのブログに試写会の感想が載っていて、この映画のことを知った。

当日会場に集まったのは、実行委員長の湯浅さんにつながりのある映画関係者、劇団関係者、子育てNPO関係者、読み聞かせ関係者。

その場その場で協力しあい、剣淵町のロケの写真の展示や、NPOと読み聞かせボランティアの活動パネル展示の設営に当たった。

子育て・読み聞かせ団体のパネル展を開催

力のある男性は(ボクを含めて3人)、テルサの倉庫から可動式のパネルを運び、ホールロビーに設置。
女性は展示物のレイアウトをしたり、受付の設営をしたり。
剣淵町から贈られた、上映後のお土産用のじゃがいもも並べられた。



開場時間をちょっと過ぎるまでかかったけれど、
初対面の者同士の割に、一致団結して頑張れたのではないかと思う。

映画では、大西秀人 高松市長、ラジオパーソナリティの木村アンリさんが上映後に
「クロコダイルとイルカ」の読み聞かせを行いました。
また、ボランティアによる読み聞かせと紙芝居も行われました。
・伝々虫 遠藤さん/河野さん/よろず語り部 夢追い人


人を動かす力のある映画

この上映会を通して、同じ県内で活動する者どうし、新たな交流が広がり、ネット上でもつながり、
また、ボク自身は紙芝居の上演にお伺いしたりと、人を結びつける効果も大きかった。

これがご縁で、第14回全国紙芝居まつり、北海道inけんぶち 実行委員会ともつながりができ、
また、上映会実行に奔走した湯浅さん(写真右)の“熱”に影響を受けて、
ボク自身も「さぬきの国 紙芝居サミット」を企画、呼びかける行動を起こしました。
何よりボクが「じんじん」応援団に即応募したというのが、
この映画、そして今回の映画の何よりのパワーだと思います!
“人を動かす力のある映画” なのではないでしょうか?




情報発信に強い味方を!
ブログやFacebookなどでの情報発信に強い人を味方につける必要があると思います。
主催者の方だけで頑張らず、他の協力者を、うまく巻き込んで、使ってください。

この上映会については、上映準備中から自分のブログにも書いていましたので、ぜひお読みください。

『じんじん』上映会、読み聞かせボランティアにエントリー
映画『じんじん』上映会+読み聞かせフェスタでのラインナップ
映画『じんじん』上映会にて紙芝居
映画『じんじん』を観て
いつでも、どこでも、どの様にでも!オールラウンダー(何でも屋)を目指して!


上映会DATA
2014年4月6日(土)14:00〜 16:00〜
●会場:高松テルサホール

 高松市屋島西町 2366-1
●お申し込み・お問合せ:シネマ四国
●実行委員会 代表 湯浅 文代さん
託児ぐるーぷ あゆみ による託児サービスあり

comments

   
pagetop