December 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

宮城県涌谷町 上映会レポート

きっかけは松島ロケ

「わくや天平の湯小劇場」で行われた上映会。
「じんじん」上映会遠田実行委員会 加藤貴浩さんのレポートです。

涌谷5-140705.jpg

松島ロケのエキストラに参加した「ちんどん みやび組」さんが「映画に出るんだァ」
これが「じんじん」を知るきっかけでした。
「涌谷」を知ってほしくて…
試写会に行ってみると、地元知り合いの人も多数で楽しかったのですが、映画の内容、地域の絆、ひと、地域のつながりなどに感銘し、劇中の台詞「ほんとうの町づくりというのは大人が子どもに何を残すか考えること」そして「札幌に行っても『剣淵』は知られていない…」が印象に残りました。

私たちも宮城県仙台に行くと、「遠いところからよく来たね」と言われたり(電車で50分、車でも1時間くらいなのに)、「おけや」と読まれたり(「わくや」です!)。
それなら、誰が観ても楽しく泣ける映画『じんじん』を観に、来て、涌谷を知ってもらおうという思いで上映会をすることにしました。




大きな組織を作らずに

大きな組織を作らず、SNS、ブログ、メール、児童館などの人に声掛けして手作りで集客したのですが大変でした。映画上映前にはエキストラの「仙台のちんどん みやび組」さんにパフォーマンスしていただき、観に来た方にも楽しんでいただけたと思います。


 
上映会で「みやび組」のパフォーマンス
地区の役場の課長さんらに集客をお願いしました。県・町の後援はいただきましたが、集客にはたいへん苦労しました。その苦労以上に呼びかけ人たちと、お手伝いしていただいた方々とは大変良い絆が結べたと思いました。
 
映画にも登場している「ちんどん みやび組」さんが「涌谷で加藤さんが上映するなら応援行くから」とボランティアで来ていただいたこと!いろんなお祭り、イベントにも見に行き、そこで知り合った人から「クロコダイルとイルカ」のドリアン助川さんを紹介していただき、宮城県丸森でドリアン助川さんのライブを観たことなど、普通に生活していたら体験できないことがとてもうれしかったです。
 

 
応援してくれてる人から「じんじん」Tシャツが間に合わなかったので、と手作りで作ってくれたことがうれしかったです。
これから上映会を開く方へ
動員人数はとても大切ですが、その数字を考えるよりも多くの方に観ていただきたい、との思いが、チケットの販売につながると思います。
 
上映会DATA
2014年07月5日(土)14 : 00〜 
遠田郡涌谷町涌谷字中江南222番地
●料金:一般・シニア ¥1000 小・中・高生 ¥800 
●お申し込み・お問合せ先:シネマとうほく
●主催:「じんじん」上映会遠田実行委員会

comments

   
pagetop