May 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

奈良県橿原市 上映会レポート

スローシネマ上映会第1号!


大地康雄さんから実行委員会へ贈られたサイン

2013年3月31日の読売新聞の記事を見て、公式サイトを見て、スローシネマを知りました。
大地康雄さんのメッセージを読み、その思いに共感し、たくさんの人に伝えたいと思いました」
映画『じんじん』橿原上映を応援する会 代表呼びかけ人の川西香子さん、山中文代さん、森田千景さんによるレポートです。
 
上映会で工夫したこと
上映にあたっては、ご縁をいただいて、橿原市に共催していただけたことが大きかったと思います。
また「日本語字幕上映はありますか」というお問合せがあり、配給会社さんがすぐに行動を起こしてくださって、日本語字幕上映の回を持つことができました。
上映パンフレット
 
せっかくの自主上映ですので、ただ映画を上映するだけでなく、ロビーなどを使っていろいろな情報を発信したいと思いました。ただ、やはり映画をメインに感じてもらいたかったので、映画の感動を盛り上げつつ、橿原市民の取り組みや剣淵町のことを知ってもらえるような展示にしました。
映画の感動を打ち消さないよう、盛り込みすぎず控えめにしたことも工夫のひとつです。

 
楽しかったこと、大変だったこと
いろんな方面の方と知り合うことができ、いろんな話しをさせていただくことができました。また、橿原で子どもと本に関わる各団体や子育て支援の団体さんなどが協力してくださり、ふだんは別々の活動をする団体が、一緒にひとつの活動をできたことは、とても有意義で楽しい時間でした。
いろんな活動があることを知り合えたのもよかったと思います。
大変だったのは、やはり、チケットの取扱いです。
 

 
いろんな人との輪がつながりました
しばらく会っていなかった友人に、久しぶりに連絡をとるききっかけになりました。とても懐かしくうれしい出来事でした。
また『じんじん』の紹介を通じて、いろんな方がいろんなところでつながっておられたことを知り、『じんじん』がきっかけで人の輪がつながりました。
また、上映会に来られた方の中に「剣淵町出身なんです」とおっしゃる方や、また剣淵町のほうでも「橿原出身なんです」という方がいらっしゃったとのお話も聞き、故郷をつなげるきっかけになったみたいで、なんだかうれしくなりました。
 

 
これから上映会を行う方へ
作品が持つ力を信じて、ただ純粋にたくさんの方に『じんじん』を伝えたいという思いを見失わなければ、必ず届きます。
頑張りすぎず、楽しんでください。
「人は、愛された記憶が後を生き抜く力になる」
大きな感動の輪を一緒に「じんじん」と広げていきましょう!
上映後、今回の上映会の記念として、映画「じんじん」から生まれた絵本「クロコダイルとイルカ」を、この上映会を共催・後援くださった橿原市・明日香村・高取町の全公立幼稚園・小学校および図書館・図書室に一冊ずつ寄贈させていただくことができました。
 
上映会DATA
2013年08月31日(土)10 : 30〜 14 : 00〜 18 : 30〜 
奈良県橿原市小房町11-5
●料金:前売 ¥1000 当日 ¥1500 子供 ¥800 
●お申し込み・お問合せ先:グループ未来 0120-778-237

comments

   
pagetop